共働きで飼う犬はかわいそう?留守番やしつけや芸まで何でもかわいそうというのはなぜ?

犬はかわいそうなの?

犬がぼんやりと寝そべっているとなんだか寂しそう、またはつまらなそうに見えますよね。

我が家は当時4人家族で、主人も私も仕事を持っています。
息子と娘は学生で、室内犬を2匹飼っていました。

現在、息子と娘は進学のために家を出て、
主人と私、そして2匹の愛犬と生活しています。

よく「共働きで家に誰もいない中、犬を飼うのはかわいそう」と聞くことがあるのですが、

それはどの立場で考えてのことなのでしょう?

私は仕事をしているとはいえ、かなり不規則ながらも自由度が高いため、
朝から晩まで丸一日家にいられることもあれば逆なこともありました。

丸一日家にいるとき、私と2匹の愛犬はどう過ごしているかというと・・・

スポンサーリンク

共働きは犬にとってかわいそうなのか?

仕事が休みで丸一日家にいられることもある私ですが、

家で何をするかと言えば決して愛犬とベッタリしているわけではありません。

お留守番の時にはケージに入れて扉を閉めてでかけるのに対し、
休みの日には扉を開けっぱなしで出入り自由にしていますが、

我が家の愛犬2匹は、主人が朝出勤するまではチョロチョロしているものの、
出かけて静かになるといつの間にか自らケージに戻ってお休みしています。

私が動くと視線で追うものの、
それが出かける用意だったり、はたまた冷蔵庫を開けたり
食べ物を持っていない限りケージからはほぼ出てくることはありません。

理由は愛犬にとってケージは「安心できる場所」だからです。

閉じ込めているわけでもないのに自らケージに入っていく姿が
本当にかわいそうだと思いますか?

何日もケージに閉じ込めっぱなしで全くケージから出していないというのであれば
それは「かわいそう」にあたりますが、

そういう状況でない、普通に飼っている犬をかわいそうというのは
飼い主さんを傷つけるのでやめましょう。

犬にお留守番させるのはかわいそう?

犬に「お留守番をさせるのはかわいそうだ」という意見も聞くことがあるのですが、

では世の中で犬を飼っている人は24時間ずっと一緒にいなければいけないのでしょうか?

人間にとって「人間社会」があるように犬にとっても「犬社会」というものがあり、
それは同じでないことは誰もがおわかりかと思います。

犬と人間が共存するためには人間社会の仕事に連れていけない以上、犬のお留守番は必須です。

「だったら犬を飼わなければいい」

とかわいそう派の方は思うのかもしれませんが、

家族として犬を迎え入れたいと思う気持ちはそんなに悪いことでしょうか?

動物を愛でる気持ちが芽生えるのはとても素敵なことですし、
家族にとって会話が増えるきっかけにもなります。

そしてそんな家族に迎え入れられて一緒に生活できる犬もまた幸せと言えるのでは?

大切なのは一緒にいる「時間の長さ」ではなく、
「一緒にいるときに幸せを感じられること」だと私は思います。

休日の私と愛犬の関係でわかるのですが、私が家に1日ずっといたところで
愛犬だって寝ていたい時や、そっとしてほしい時間があるのだと思います。

スポンサーリンク

飼い主さんが何日も家に帰って来ずトイレの世話もしていない、
エサも水も与えていないというならそれは「かわいそう」にあたりますが

そういう状況でない、毎日家に帰っている飼い主さんに対して犬がかわいそうというのも
飼い主さんに失礼ですのでやめましょうね。

犬に芸をさせるのはかわいそう?

「犬に芸をさせるのはかわいそうだ」という意見もよく聞きます。

これはエサ欲しさに必死になっている犬をいじめて楽しんでいるように見えるようですが、
そう見えるのは残念ながら「他人の目だから」以外の何ものでもありません。

当の飼い主さんと犬にとって芸は大切なコミュニケーションなのです。

犬からすると、大好きな飼い主さんが出したコマンドをクリアすることで、
飼い主さんを喜ばせることができるだけでなくおやつまでもらえるのです!

犬にとってしつけや芸は、この上ない楽しいハードルです。

もちろん犬がそう思うには飼い主さんが楽しく優しく根気よくつきあうことが大切ですが、
そうやって芸を教え込まれた犬にとっては、

芸をいやいややらされているのではありません。

そこには絶対的な信頼関係があるからこそ成立しているのです。

芸をしている犬と芸をさせている飼い主さんの関係をじっくり観察すれば、
「犬に芸をさせるのはかわいそう」などという単純な発想も見直せるようになるはず。

まとめ

共働きに飼われている犬がかわいそう、
お留守番させられる犬がかわいそう、
芸をさせられる犬がかわいそうについて考察してみました。

この他にもまだまだ「犬がかわいそう」という意見がたくさんあります。

首輪がかわいそう
リードがかわいそう
服を着せるのがかわいそう
靴を履かせるのがかわいそう
おむつをさせるのがかわいそう
避妊、去勢がかわいそう
ワクチン注射がかわいそう

などなど・・・

かわいそうと言われるこれらのことは、
人間と犬が共存するために必要なことから、
犬のためでもあるということを知らない、

実際に犬を飼ったことがない人の単純発想なんだと思います。

ワクチン接種をしていれば防げる病気にかかることはかわいそうではないですか?

首輪やリードをせずに散歩していて人間に噛み付いたばかりに
殺処分されてしまうのはかわいそうではないですか?

数年前に首輪もリードもせずに散歩させていた大型犬が
向こうからやってくる首輪とリードをして散歩していた小型犬に襲い掛かり
小型犬を死なせてしまったという事件がありました。

その後その飼い主と大型犬は指名手配されるも未だその行方はわかっていません。

たぶん見つかってしまったら大型犬は殺処分されるでしょうし、
飼い主も何らかの罰を受けることになるでしょう。

これは大型犬に首輪とリードをし、興奮状態を抑えるためのしつけをしていれば
小型犬が命を落とすこともなければ大型犬やその飼い主だって
逃げ回ったり隠れて生活する必要もなかったはず。

これは「かわいそう」の本当の意味を理解していれば防げた悲しい事故です。

安易に「かわいそう」という言葉を使うことは
他人を傷つけることになるということをご理解ください。

よく泣いている赤ちゃんをみて「かわいそうに~」と声をかけるお年寄りがいますが、
あれで母親の心がどれだけ傷ついていることか・・・。

かわいそうと感じた方は、「なにがどうかわいそうなのか?」
「それはほんとうにかわいそうなのか?」を
今一度じっくり考えてから発言するようにしましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする