引越し報告はがきを出し忘れた!年賀状と一緒でいい?喪中の人にはどうする?

年賀状と引越しの報告は一緒でいい?

引越しは前も後も大変!荷造り、荷解きだけでなく、
住所変更の手続きなど、やってもやっても
やり忘れていることがあるような気がして落ち着くまでには時間がかかりますよね。

そんなこんなでつい後回しにし続けた結果、

「引っ越しの報告はがきを出すのを忘れてた!!」

という経験は、引越し経験者の方なら一度くらいあるのではないでしょうか。

すっかり忘れていたおかげで、気づけば年賀状の季節となると、

「いっそ年賀状で引越しの報告を一緒にしちゃえばお金も節約できて一石二鳥♪」

と思ってしまいがちですが、本来それでもよいのでしょうか。

今回は引越しを報告するはがきを出し忘れたら、本来はどうすべきか?

年賀状で引越しの報告を一緒にすることはマナー違反にあたるのか?

年賀状を出す相手から喪中はがきが届いたら、
どのように引越しの報告をしたらよいのかについて考えていきましょう。

スポンサーリンク
  

引越しはがきを出し忘れた!本来はどうすべき?

11月中旬に年賀状のCMを見て、

「そろそろ年賀状をどうするか考えなきゃ・・・はっ!」

今年の春に引越したのにずーっと挨拶のはがきを出し忘れていたことを

年賀状をきっかけに思い出すなんていう方は意外に多いです。

本来であれば思い出した時、すぐに引越しを報告するはがきを用意して、

「新しい環境にもようやく慣れました」や、

「やっと落ち着きました」というような出し忘れを感じさせない文面にすれば

引越しから少し期間が経っているのは片づけや手続きで色々忙しかったんだな~

と相手に思ってもらえるでしょう。

ですが12月も半ばを過ぎてしまうと
あなたへ出す年賀状をすでに作成してしまっている人もいるでしょうから、

あまり遅くなり過ぎないように気を付けなければいけません。

年賀状で引越しの報告を一緒にするのはマナー違反?

12月を過ぎてから思い出してしまったら、

「年賀状で引越しの報告を一緒にしてもいいのでは?」

と考えるかと思います。

でもそれってマナー的にどうなのでしょうか?

年賀状で引越しの報告をするのはマナー的に問題はない

本来、手紙やはがきで1通で伝える内容は1つというのがマナーです。

例えば暑中見舞いはがきの中に、ついでに「お金を貸してほしい」
という旨の内容が書いてあったら、

お金を貸してほしくて暑中見舞いはがきを送ってきたのでは?

と悪く捉えられても仕方ないですよね。

ですが、新年のご挨拶である年賀状も引っ越しの報告も
どちらかというと「新しい未来の訪れ」に関するものですから、

年賀状と引越しの報告は一緒に出したとしてもマナー違反にはなりません。

と、ここまでは引越しの報告を兼ねた年賀状を「送る側」のお話でした。

ここからは引越しの報告を兼ねた年賀状を「扱う側」と「受け取る側」が
どう思っているのかについてご紹介します。

郵便局短期アルバイト経験者の意見

私の知人に以前、郵便局の年末年始の短期アルバイトを経験された方がいましたので、
その方に聞いてみました。

その方の率直なご意見がこちら。

引越し挨拶はがきを省略した年賀状は「大迷惑」。

あの目が回る忙しさの中ではいくら転送届を出しているとはいえ、

人間の手で1枚1枚確認しながら転居先への転送作業を行わなければならない。

大量に転送扱いのはがきがあれば、当然ミスの確率も高くなる。

ミス発生のリスクを避けるためにも、引越し挨拶状は年賀状とは別に出してほしい。

住所を知らされなかった上にせっかく出したはがきが郵便局のミスとは言え
戻ってきてしまうのはお相手にとってはとても不愉快なこと。

中には一方的に付き合いを断たれたと思う方もいるのでは?

とのことでした。

スポンサーリンク

引越し報告が一緒になった年賀状をもらった側の意見

では、今度は引越し報告が一緒になった年賀状をもらったことがある人は
どのように感じるのか聞いてみました。

12月に引っ越したのでなければ引越しの挨拶はがきは忘れずに送ってほしい。

年賀状で引っ越したことを知ると「前の住所で出したけどちゃんと届いたかな?」と心配になるし、

引越しの報告はがきを年賀状より早いタイミングで送ってくれていれば
年賀状を作る段階で修正できるのでできれば別でほしい。

やっと年賀状作成が終わってホッとしているのに
またパソコンの住所録を開いて修正しなければならないのが何より面倒。

宛先不明で戻ってきたことが何度かあるが、
その人宛てに新年のメッセージを書いたのに、宛先不明で戻ってきたときは新年早々不愉快になる。

しかも一度出すと書き損じ扱いにならないから新しいはがきと交換することもできないので、ただただお金を損した気分にもなる。

とのことでした。

どうやら引越しの報告を年賀状で済ませて得をするのは「出す側」だけのようです。

マナー違反ではないとはいえ、扱う側、受け取る側には
このように感じている人もいることを覚えておきましょう。

年賀状で引越し報告しようとした相手から喪中はがきが届いたら?

引越しの報告を年賀状で一緒に済ませちゃおうと思っていたところに

年賀状を出す相手から喪中はがきが届いてしまったら、

その人へ引っ越しの報告をするタイミングがなくなってしまいますよね。中には、

「年賀はがきをもう用意してしまったので、表の「年賀」に二重線を引いて出せば問題ないかな?」

と考える方もいるようです。

喪中の人は新年の挨拶を控えますが、本来は喪中の人に年賀状を出すことはマナー違反にあたりません。

ですがそれを知っている人は少ないので、やはり

喪中の人に年賀状は出さない方がよいでしょう。

それにわざわざ二重線で年賀を消しているとなると、

わかっていてやっていることのため「ケチった」ことがバレバレです。

喪中の方へ引っ越しを報告するには?

喪中の方へ引っ越しを報告するには「年賀状」ではなく「寒中見舞い」を出しましょう。

喪中の方へ出すはずだった年賀状を郵便局に持って行き、事情を説明すれば

寒中見舞いに使える「切手部分が胡蝶蘭デザインの弔事に使える官製はがき」に交換してもらえます。

手数料は1枚につきたったの5円です。

ちなみに寒中見舞いはがきを送っていい時期は、

松の内(1月7日、関西は1月15日)を過ぎてから立春(2月4日)までの間、

つまり1月8日(関西は1月16日)から2月3日までとなります。

立春を過ぎてしまってから出すのは「余寒見舞い」となりますが、

昨年引っ越した報告がそこまでずれ込むのはさすがに失礼にあたりますので、
早めに寒中見舞いはがきを出すようにしましょうね。

まとめ

引越し報告はがきを出し忘れたことを思い出した時点でなるべく早くはがきを用意して出す。

年賀状と一緒でもマナー違反とはならないが、引越しの報告と兼用の年賀状は
郵便局でのミスが発生する確率が高くなり、年賀状をもらう相手に不快な思いをさせる可能性もある。

引越し報告と兼用の年賀状を出そうと思っていた相手から喪中はがきが届いたら、
郵便局で年賀はがきを寒中見舞いはがきに交換してもらい、それを使用する。

締めくくりの部分で引っ越したことを知らせて、

「お近くにいらした際は、ぜひお立ち寄りください」というような

一言を添えることを忘れないようにしましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする