出産内祝いは両親や兄弟にも必要?親戚や友達の相場はどれくらい?

出産内祝いは両親にも必要?

ママにとっての一大イベントである出産を無事乗り越えると
早速やって来る次の試練。

それは出産祝いへの内祝いを考えることですよね。

「出産祝いにお返しなんて必要ないのでは?」
と考える方もいるようですが、地域によっては
「お返しがないなんて非常識極まりない!!」と憤慨される場合もあるようです。

出産というせっかくのめでたい出来事にみそが付くのはできるだけ避けたいところ。

特に両親からもらう出産祝いは他からいただいたお祝いとは
ケタが違う場合があるので、どうしたらよいのか困ってしまいますよね。

直接相談すれば大概の親は「内祝いなんていらない」と言ってくれるでしょうし・・・。

世間では両親や兄弟に対する出産内祝いをどうしているのか、
親戚や友達へ出産内祝いを送る場合の相場などについて調べてみました。

スポンサーリンク

出産内祝いは両親にも必要?

両親や義両親からいただく出産祝いの金額は、
他の親戚などに比べて高額であることが多いことから、

両親にも出産内祝いは必要なのかな?
だとしたらいくらくらいが相場なの?

と考えてしまう方も多いですよね。

そこで一般的に両親への出産内祝いはどうしているのかを調べてみたところ、

おおかた「必要ない」という意見が大半でした。

その理由として、

・親戚にはちゃんとお返しやお手紙(近況報告)は必要だけど、
両親には、赤ちゃんの顔を見せる機会が多いから。

・自分が親の立場で考えた時、自分の子供が孫を出産したら
出来る限りのお祝いをしてあげたいと考えるハズ。
その気持ちに対して「内祝い」を送られたらよそよそしくて悲しくなる気がするから。

両親に対しては形式ばった内祝いを送るよりも、
こまめに孫の顔を見せたり、近況を報告するなどしたほうが喜ぶだろうからということから、

出産内祝いは両親には必要ないとする方が想像以上に大勢いました。

ですが高額な出産祝いを貰いっぱなしというのも気が引けるのであれば、

「内祝い」ではなく「お礼」として孫の写真が飾れる写真立てや、
赤ちゃんのアルバムをプレゼントするというのが密かに人気がありますよ。

出産内祝いは兄弟にも必要?

出産内祝いは両親には必要ないという意見が多い一方、
兄弟への考え方は色々あるようです。

まずは出産祝いをくれた兄弟が既婚である場合。

この場合は義兄弟の手前もあるからか、「内祝いは送る」という意見が多め。

一方、意見が割れたのが出産祝いをくれた兄弟が独身の場合。

お祝いをくれたのだから既婚も独身も関係ない

という意見もあれば、

独身にお返しは必要ない

という意見もありました。

スポンサーリンク

このような場合には、両親にどうしたらよいか前もって相談するのがよさそうです。

お祝いや内祝いに関する常識は地域性や各家庭により考え方がかなり違うため、
正解・不正解がありません。

ということはそもそも常識なんて存在しないということになりますが^^;

どちらにしても、ご主人や両親、義両親と話し合って決めるのがよいでしょう。

スポンサーリンク

出産祝いの相場の考えは両親や兄弟や親戚や友達で違う?

出産祝いの内祝いに限らず、一般的な内祝いの相場は3分の1~2分の1と言われていて、
必ずしも「半返しが常識」とは限りません。

とは言えやはり内祝いの相場に関する考え方にも地域によっての違いはあるので、
出来ることなら産まれる前にさりげなく確認しておくといいですね。

お返しの金額を3分の1にしてしまったばっかりにケチ呼ばわりされてはたまりませんから(笑)

多くの方が両親への内祝いは必要ないと考えていることがわかりましたが、
兄弟は場合により、親戚への内祝いはしておいたほうが良いという意見が多め。

それは後の親戚づきあいにかかわってくるからでしょうね。

ですが親戚にも「内祝いはいらないよ」と優しい声掛けをしてくださる方もいますから、
その場合にもやはり「内祝い」という形ではなく「お礼」として
ささやかなお返しをするとよいでしょう。

友達が友達に送る出産祝いの相場が5,000円~10,000円でしょうから、
内祝いは2,000円~5,000円の範囲で選ぶのが適当です。

親戚に送る内祝いに比べて少し砕けた感じで選んでもいいですよね。
友達なんですからのしなどに拘らる必要もありませんし、
ブランドにこだわる必要もありません。

おしゃれで使えるちょっとしたものを内祝いを送ってあげましょう^^

ですがどの場合もやはり大切なのは相手の好みを考えるということ。

そしてこの時、あまりおすすめしないのは子供の名前や写真入りのもの。

可愛い赤ちゃんが生まれ舞い上がり、お披露目したい気持ちから
赤ちゃんの写真と名前が入ったお酒などの内祝いを用意する方もいますが、

貰った側としては「他人の子の写真入りのお返しをもらっても飾りたいと思わないし、
かといって処分するのも悪い気がして困る。」

と言う意見は多いのです。

貰う側の気持ちを想像してみると、確かにそうですよね^^;

まとめ

出産内祝いは両親には必要ないが、兄弟の場合は考え方が様々あるので、
ご主人や両親、義両親と相談の上決めるのが良いでしょう。

親戚や友達への内祝いの相場は出産内祝いに限らず3分の1~2分の1。

おすすめしない内祝いは「子どもの写真入り、名前入り」の商品。

お祝いや内祝いに関する考え方は生まれ育った地域に左右されるようです。

生まれも育ちも同じ地域であればわかりやすいのかもしれませんが、
両親またはどちらかの親が違う地域から来た人の場合、
そこでまた独自の常識が生まれます。

なのでお祝いをいただいた方一人一人に合わせ、
心のこもったセンスのいい内祝いを考えるようにしましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする