奨学金の申請理由は誰が書く?親が書くのはアリ?高校生らしい書き方と例文

奨学金の申請理由は誰が書く?

高校生が奨学金の申し込みをするのは、
まさに受験勉強で忙しい時期ですよね。

1分1秒が惜しい時期でもあるため、
できることなら「後回しにしたい」と思うでしょうが、
残念ながらそういうわけにはいきません。

名前を書いたり住所を書いたりだけならすぐ済むものの、
極め付きは「奨学金を借りることになった理由」を考えなければなりません。

ですがこれも大学進学のために必要なこと。

ですから早めに仕上げて受験勉強に専念するためにも
高校生らしい、且つ実際に奨学金が採用になった例文をご紹介します。

スポンサーリンク

奨学金の申請理由は誰が書くの?

奨学金を借りるためにする申し込みの中で、
一番の山は最後の「家庭事情情報」ではないでしょうか。

奨学金を希望するに至った家庭事情や、特に説明を要することを記入してください。

と200文字以内で簡潔に自分の家庭状況の説明を求められます。

これって一体誰が書くの?と思ってしまいますよね。

実際に家計を運営しているのはお父さん、お母さんでしょうから、
家の経済状況については親でないと分かりませんよね。

子供たちに家族の経済状況をきちんと説明している親なんて
そうそういないと思います(説明したほうが良いとは思いますが)。

奨学金というのは、子供である本人の名前で申し込みをする借金です。

なのでそう考えると子供が「他人事」として捉えるのは間違っていますよね。

奨学金はあくまで子供本人が「お金を借りる」ものですから、
せめて申請の理由はどのように書けばよいのかというのは
しっかり親と考えましょう。

奨学金の申請理由は親が書くのもアリ?

奨学金の申請理由に書く内容については、
すべてを親が書くのもアリでしょうか?

ここについては、親子間ですり合わせながら
やはり子供に書かせるのが一番いいと思います。

子供である自分がこれから背負う数百万円の借金には
どのような背景があるのかということは、

子供本人がしっかり理解すべきです。

それに親も保証人になるということは、それなりの覚悟が必要です。

親にしても子供にしても、奨学金を借りるということは
それぞれに責任が伴いますから、

どちらか一方に任せるのではなく、親子の共同作業として取り組みましょう。

スポンサーリンク

奨学金を借りる理由 高校生らしい書き方と例文

奨学金を借りようとしているあなたは現在高校生です。

なので奨学金を借りる理由は高校生らしい言葉で構いません。

だからといって砕けすぎてもいけませんが^^;

ここで意識することは、

・「お金を貸していただく」という真摯な姿勢
・奨学金を必要とする理由

お金を貸して頂く真摯な姿勢というのは、考えればわかることですが、

例えば誰かに結構な額のお金を借りる時に、

「ねーねー、お金貸~してっ♪」と両手を突き出されて
お金を貸す人なんていませんよね。

まあ、100円や200円ならあるのでしょうが、
明らかに数百万円のお金を人から借りる時のテンションではありません。

平身低頭「借りたお金は必ず返しますから」と言う気持ちを
信頼していただくためにも真摯な気持ちを表しましょう。

具体的には、「です、ます。」の丁寧口調を意識するということです。

では、実際に奨学金申請の採用が通った例文をご紹介します。

奨学金を借りる理由の例文

父の職場の都合により父の年収が数年前より減少し続けています。
2年後には大学受験を控えた妹がいるため
両親に経済的負担をかけてはいけない思ったこと、
また自立しなくてはと考えたことから
自分にかかる費用は自分で用意するためにもアルバイトをするつもりでいます。
ですが大学での勉強にもしっかり取り組みたく、
私生活と大学生活を両立させるために奨学金の申請を決意しました。
何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

(全199文字)

アルバイトで生計を立てて(←自分でも努力するという姿勢)
不足分を奨学金で補いながら4年間大学でしっかり学びたい!(←大学生活のことも考えて奨学金を必要としている)

ということを伝えることができれば理由の説明としては十分クリアできます。

所々直したり、足したり削ったりしてあなたの状況にあった文に作り替えて使ってください。

奨学金関連記事:
奨学金の振込日って初回はいつ?入金時期や時間は何によって違うの?
奨学金第一種と第二種の違い 入学時特別増額貸与奨学金はいつ?ろうきんって何?
奨学金は一種から二種または二種から一種へ変更できる?併用の注意点
奨学金第二種の利息は高いってホント?計算式と計算方法を具体例付きでご紹介
奨学金の返済額は毎月いくら?変更はできる?返済がきついと感じたら・・・
奨学金返還 退学後の返済はいつから?返還方法は分割?一括返済?
奨学金の返還誓約書とは?提出期限と出し忘れた時の対処法
奨学金採用or不採用通知はいつ届く?落ちた理由は?再募集はある?

まとめ

奨学金の申請理由は誰が書く?→奨学金申請をする子供本人が書くのが基本ですが、
書く内容は親と相談して決めましょう。

丁寧に書こうと考えすぎて難しい言葉を使う必要はなく、
高校生らしい書き方で、自分の言葉で書いてOK。

受験勉強の最中にこんなことに時間をとられるのは不本意だとは思いますが、
これも大学進学に必要な大切な作業です。

しっかり考えつつ、ちゃちゃっと完成させちゃいましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする